症例 自閉症スペクトラム

■ 症状 自閉症スぺクトラム(診断当時、アスペルガー症候群)
H16年
アスペルガー(がもっとも近い)という診断。時計や、メーターなどに執着する。落ち着きがない。思い通りにならないと、パニックを起こす。なんとか普通の小学校に入学させたい。
H16年
9/ 7 矯正、気功 計30分
9/ 9 矯正、気功 計20分
9/17 矯正、気功 計20分
9/21 矯正、気功 計20分
9/27 矯正、気功 計20分
10/1 矯正、気功 計20分
10/14 矯正、気功 計20分
以前は目が合わなかったが、視点が定まり目が合うようになってきた。
10/27 矯正、気功 計20分
11/10 矯正、気功 計20分
11/24 矯正、気功 計20分
少し落ち着きが出てきたような気がする。
12/ 8 矯正 計20分
落ち着きが出てきた。
12/24 矯正 計20分
H17年 2週間に1回ペース 計24回
普通小学校に入学。慣れないうちは、かんしゃくやパニックを起こしていたが、少しずつ減ってくる。
H18年  約2週間に1回ペース 計22回
運動が苦手、手先が不器用という事で、体育や国語が苦手だがその他は概ね勉強にもついていっている。2月に大きなパニックがあったが、その他は特に大きなトラブルはなし。刃物に興味をしめすような事があったが、徐々に減ってくる。
H19年 約2週間に1回ペース 計21回
以前に比べ、時計や回るものを凝視する事が減っている。まだ固執する癖はあるが(ゲームソフトもいくつか持っているが、同じものをやり続ける、など)、雰囲気が読めないなどの特徴も緩和されてきており、友達を家に連れてくる事もある。かんしゃくを起こすことも減った。
補足説明
文章だけですと、変化が伝わりにくいですが、最初は施術するにも、ベッドの上で静かに寝ている事ができず大変でした。少しずつ落ち着きが出てきており、苦手な分野はあるものの小学校3年生を終えるまで、普通に学校生活を送れているようです。まだ周囲の友達も細かい違いには気がつかない年齢ですが、高学年になるにつれて、疾患があるという事を、自分自身や、友達も気がつきはじめるので、周囲の理解という事も含めてうまく個性を生かす方向に持っていきたいと願っています。
追加補足
H28年現在も、月2回のペースで通っています。(症状を改善するというよりは、能力開発の目的でいらっしゃっています。)中学、高校時代と何の問題もなく、周囲も正常扱いで登校しています。大学にも無事合格し、来年度から進学する予定です。
■ 症例 自閉症疑い、場面緘黙症
H22年、4歳
言葉の発音が悪い、特に濁音。
7/4 計20分
7/11、18、25
8/1 計20分
よく喋る。発音も良くなってきた。
その後、2週に1回 20分の施術。
H23年
10月下旬まで2週に1回
8/14
保育園で養護学級を勧められた。園でしゃべらない。家庭ではしゃべる。(場面緘黙症)能力がないわけではないので、普通学級に入れたい。
10/15
少しずつ学校でもしゃべるようになっている。
10/23

先生が嫌いだから、喋りたくないと言い出す。随分良くなってきたのと、先生との問題が浮上してきたので施術のほうは休憩を入れたい。
H25年
11/3
支援学級を勧められる。計算ができない。黒板をうつさない。(キョロキョロしている)目が合わない。
11/17、11/30、計20分
12/22 九九ができるようになった。返事もするようになっている。
H26年、H27年 2週に1回、施術20分
H27年末 母親のコメント。
成績は良くないが、普通学級で正常に生活できている。友達もできはじめている。勉強は能力というより、やる気の問題がある。

症例一覧に戻る