症例:脳室周囲白質軟化症

脳室周囲白質軟化症は、症例の数は2例と少ないですが、共に順調に改善しています。


■ 症例1:脳室周囲白質軟化症 5歳(女児)

・症状
脳室周囲白質軟化症(出生時、早産)。
知的障害。

現在、立って歩く事ができず、つたい歩き。
会話できず。理解度、二語文がわかる程度。


6/28 頭部、尾骨部分 計 30分
7/3  頭部、尾骨部分 計 30分
7/10 頭部、尾骨部分 計 30分

前よりよく喋るようになった。つま先立ちだったのが、リハビリの先生に足の着き方が改善していると指摘された。

7/18 頭部、尾骨部分 計 30分

更に口数が多くなった。

8月より月2回
9月 2回

仰向けに寝た状態で足を上げれるようになる。(腹筋が使えるようになっている。)

10月 2回
つたい歩きが安定。腰回りがグラグラしなくなってくる。
後頭部の凹みが改善。

11月 2回
語彙もかなり増え、文章も喋るようになる。まだ助詞の発音ができない。
「わたし、〇〇、食べる」など。

12月 2回
つたい歩きが更に安定する。
理解力、しゃべり共に更に改善。
後頭部凹み、更に改善。


■ 症例2:脳室周囲白質軟化症(3歳、男児)


・症状

歩けない。
手のふるえ、力が入らない。
知的障害なし。

遠方から来院のため、1月より月1回ペース。


4月(4回目)

手に力が入るようになり、コップで飲み物を飲めるようになった。
ベビー椅子で床を蹴って、自分で椅子ごと移動できるようになった。(後ろのみ)

9月(9回目)

後頭部の凹みが改善してくる。仰向けで足を上げれるようになり、腹筋がついてくる。
腕の力はかなり強くなり、10以上ある妹が座っているベビー椅子を、腕の力だけで引っ張れるようになった。

12月(12回目)
手足の動かし方が更に活発になり、つたい歩きも安定してくる。
月1回の施術だが、年初よりも改善のスピードは明らかに上がっているとの事。